〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-17-35クリエイトビル2階
京浜東北線蕨駅 徒歩8分 駐車場:あり

  日祝
9:00~12:45 × ×
15:00~18:45 × × ×

初診の方は午前12時30分(土曜日12時まで)

午後18時30分までの受付となります

お気軽にお問合せ・ご相談ください

048-433-2270

腕の疾患

上腕骨外側上顆炎Lateral Epicondylitis of Humerus

テニス肘tennis elbow

症状
前腕を捻ったり手くびを伸ばしたりする時に、肘の外側から前腕にかけて痛みがでてきます。多くの場合、安静時の痛みはありません。中年以降の4050歳の女性に多く、特にタオルを絞ったり、雨戸を閉めたりするときに痛みが増強します。


原因
テニス肘と呼ばれていますが、患者さんの多くは テニス愛好家ではありません。使いすぎが原因との報告もありますが、多くは原因不明です。病態についても十分には分かっていませんが、手関節を伸ばす筋肉の中でも、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側部で障害されると言われています。


検査
外来で簡単に行える疼痛誘発試験を参考にします。何れの検査法でも、肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたらテニス肘と診断します。レントゲンでは時に筋付着部にそって淡い石灰像をみることがあります。

治療
保存的療法:最初に行う治療です。

 1.局所の安静を保ち、つまりは手関節を上に向けて固定などして手指の伸筋腱を弛緩させた状態で上腕骨外側での緊張を除去する、そして湿布や外用薬を使用します。多くの場合、これで数カ月以内に痛みが軽くなります。
 

 2,局麻剤入りステロイド注射を行います。
 

 3.テニス肘用バンドを装着します。(使用方法は医師にご相談ください。)
 


手術療法:保存的療法で治らない時などに行います。筋膜切開術、切除術、前進術等があります。

 

 

 

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
048-433-2270
受付時間
9:00~12:45/15:00~18:45
定休日
日曜・水曜・土曜午後・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

048-433-2270

<受付時間>
9:00~12:45/15:00~18:45
※日曜・水曜・土曜午後・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/05/21
ホームページを公開しました
2021/05/20
「施術のご案内」ページを更新しました
2021/05/19
「当院概要」ページを作成しました

医療法人
蕨セントラル整形外科

住所

〒335-0004
埼玉県蕨市中央1-17-35
クリエイトビル2階

アクセス

京浜東北線蕨駅 徒歩8分
駐車場:あり

受付時間

9:00~12:45
15:00~18:45

定休日

日曜・水曜・土曜午後・祝日