〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-17-35クリエイトビル2階
京浜東北線蕨駅 徒歩8分 駐車場:あり

  日祝
9:00~12:45 × ×
15:00~18:45 × × ×

初診の方は午前12時30分(土曜日12時まで)

午後18時30分までの受付となります

お気軽にお問合せ・ご相談ください

048-433-2270

肩部の疾患

五十肩

症状
肩関節の痛み、関節の動きが悪くなります(可動域制限)
運動痛といって動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまいます。
髪を洗ったり、服を着替えることが不自由になることがあります。夜間痛という夜にズキズキする痛み、ときに眠れないほどになることもあります。

 

原因

中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが老化して肩関節の周囲の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)

診断・検査
圧痛の部位や動きの状態などをみて診断します。

肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症のほかに、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性滑液包炎、腱板断裂などがあります。

これらは、レントゲン撮影、関節遺影検査、MRI、超音波検査などで鑑別します。

 

治療
治療は病態や病期を考慮しておこなわれます。

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、癒着して動かなくなることもあります。

急性期には、三角巾、アームスリングなどで安静をはかり、消炎鎮痛薬の内服、注射などが有効です。急性期をすぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。
これらの方法で改善しない場合は、手術(関節鏡など)を勧めることもあります。

運動療法は強い痛みを伴うような運動はせず、痛みのない範囲内での振り子運動(下記参照)や自動運動(自分で動かす事)などが効果があるとされています。

振り子運動
立った状態で腰をまげ、片手(痛くない方)を机や椅子の背もたれにつきます。痛いほうの腕を脱力し、ぶらんぶらんの状態にします。

足は前後に開いておくと良いです。その状態で身体を揺らし脱力させた腕を振ります。
500グラム位のおもり(ペットボトルに水をいれた物など)を持って行ってもいいでしょう。
下げた腕の力で振るのではなく、身体をゆすって動かす事と痛みのない範囲で動かす事がポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
048-433-2270
受付時間
9:00~12:45/15:00~18:45
定休日
日曜・水曜・土曜午後・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

048-433-2270

<受付時間>
9:00~12:45/15:00~18:45
※日曜・水曜・土曜午後・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/05/21
ホームページを公開しました
2021/05/20
「施術のご案内」ページを更新しました
2021/05/19
「当院概要」ページを作成しました

医療法人
蕨セントラル整形外科

住所

〒335-0004
埼玉県蕨市中央1-17-35
クリエイトビル2階

アクセス

京浜東北線蕨駅 徒歩8分
駐車場:あり

受付時間

9:00~12:45
15:00~18:45

定休日

日曜・水曜・土曜午後・祝日